体がかゆい

体がかゆい

人間の皮膚は外界からの刺激から肌を守る役割を持っていますが、季節や体調によって体にかゆみを感じる場合があります。そんなかゆみの原因と対処法についてお話します。

概要

体がかゆいは様々な原因があります。体の外側を覆う皮膚は外界からの刺激から肌を守っています。肌のケア、乾燥や発疹など健康な肌を作るために食事など生活習慣を見直すことも必要です。

アルコールの飲み過ぎによる肝臓の負担や病気、花粉症、妊娠初期症状などにも体のかゆみが発生します。皮膚は表面から順に、表皮(0.2〜0.3mm)、真皮(表皮の約10倍の厚み)、皮下組織の三つの層からできています。

表皮は主に紫外線や細菌など、外部の刺激から肌を守る働きをします。真皮は皮膚の95%を占める皮膚の本体で、血管、リンパ管、神経、毛根、皮脂腺、汗腺などが集まり、皮膚の健康を保つ働きをしています。皮下組織は、脂肪を貯え、エネルギーを作り出すとともに、保温の役割を果たします。

掻痒(そうよう)、つまりかゆみは高齢者にとって非常につらい症状です。かゆみは皮膚の表面に分布している神経が脳に伝わっておこるとされていますが、まだよくわかってないことも多いです。

かゆみへの対処は原因に応じた治療が必要です。一般的にかゆみ止めと呼ばれる抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤の内服薬が処方されます。かゆくて病変を掻いてしまって、またその皮膚が悪化するという、悪循環を断ち切るのに必要です。また、体質の改善を図るために漢方薬の服用により改善されることもあるようです。

※ 篤姫の本寿院役でも知られている、女優、高畑淳子さんの「かゆい〜!」のテレビCMでもおなじみの かゆみ肌の治療薬 ムヒソフトGX(150g)です。

<< かゆみ肌の治療薬 ムヒソフトGX(150g)>>

「お風呂上りのかゆみ」「お休み前、就寝中のかゆみ」「衣服や下着によるかゆみ」などのかゆみにおすすめです。

メニュー

Copyright (C) 2010 体がかゆい All Rights Reserved.