体がかゆい病気

体にかゆみを感じる症状は、皮膚疾患だけではなく他の病気が原因のこともあります。

かゆみを伴ういろいろな病気

体がかゆい病気は皮膚病以外にもあるようです。体がかゆい病気は皮膚に異常がないといっても、体がかゆいための掻き傷や軽い湿疹などが見られます。

体がかゆい病気

体がかゆい病気はいろいろあるため、病院で診察を受けても原因がつかめないことも珍しくありません。また、本当は皮膚病が原因なのに、気付かない場合もあります。体がかゆい病気は皮膚掻痒症が代表的です。他に体がかゆい病気は内臓の病気やストレスが関係していることもあります。体がかゆい病気は皮膚病だけではなく、肌の乾燥や皮膚病以外の病気、ストレスなどがかゆみを引き起こすこともあります。

体がかゆい病気は検査は一般的な末梢血検査、生化学検査を行い、異常の有無を確認します。体のかゆい痒みは、皮膚に掻破痕(そうはこん)以外に特別な発疹がないものと、かゆみの原因になる発疹があるものに大別されます。発疹がない場合は、高齢者特有の乾燥肌に基づく痒みが最も多いので、まず乾皮症とかゆみに対する一般的な治療を行います。

効果がない場合は、痒みの原因になる内臓疾患(糖尿病、腎臓や肝臓の慢性疾患、悪性腫瘍など)や、常用薬剤の有無についてさらに調べます。体がかゆい病気は発疹がある場合(湿疹や皮膚炎、じんま疹、痒疹(ようしん)、疥癬(かいせん)など)は、その症状から診断し、原因を調べて各疾患の治療にあたります。

メニュー

Copyright (C) 2010 体がかゆい All Rights Reserved.